私から交際の告白

昨日は30歳でネイリストをしている女性とデートしました。

その女性の名前を、俺が昔好きだったタレントの「浅香唯(あさかゆい)」さんにちなんで、「唯(ゆい)」さんと仮に名付けますね。

唯さんとは今回で8回目のデートです。

唯さんは4日間の連休を取っていました。

1日目の連休では、唯さんの33歳のお姉さんと秩父旅行。

2日目の連休では、同じく唯さんの33歳のお姉さんと横浜・鎌倉旅行。

3日目の連休では、私とのデートです。

唯さんはお姉さんと非常に仲が良いのです。

私と私の兄はそれ程仲が良くないので、とてもうらやましいです。

私の兄は、私の理想的な兄ではなくて、俺から見るとかなり冷たい人なんですよね。

唯さんは秩父土産として、氣の出るお守りと漬物を買って来て私にプレゼントしてくれました。

いつも何かしら持って来てくれるんですよね。

前回は高校野球の応援で日焼けした私を気遣って、日焼け止めスプレーを持って来てくれました。

今まで何も告げずに二人は8回会って来ました。

何も言わないでいるのは相手に悪いと思って、俺は唯さんに言いました。

私「何も言わないでいるのは唯さんに悪いと思うんだ。

だから今更ながらだけど、俺達これから正式に付き合おう!」

唯さん「はい、よろしくお願いします!^^」

私「うん、よろしくね!^^」

こうして私達は正式に付き合うことになりました。

50歳の俺と30歳の唯さん、20歳の年の差はありますが、全く気にはなりません。

年が近くても相性が合わない人もいるし、年が離れていても相性の合う人はいるものだからです。

翌日は大戸屋でランチを食べました。

唯さん「大戸屋って、なぜか健康的なイメージがあるよね!」

私「確かにそうだよね。大戸屋のランチ、美味しかったね!」

唯さん「うん、美味しかった!^^」

何気ないそんな会話が、とても幸福に感じてしまいます。

幸せって普通の日常の中にあるように思います。

ランチを食べ終わって、唯さんを駅まで送って、二人は別れました。

新たなる二人の関係が、今日幕を開けました。


にほんブログ村


婚活ランキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする